▲ページトップへ

HARDI BLOG

FRP防水

バルコニーの防水工事の下地に 東京から職人さんに来て頂いています、


大工さんが、しっかり下地を作り、そこに防水屋さんが丁寧にもう一度下地を作ります、そして特殊な樹脂を塗り込んで、乾燥後 ガラスを敷き詰めながら樹脂と硬化剤を含ませて固めていきます、乾いたら塗装して仕上げて行きます、仕上がると見えない所が大事なんですよ〜

10年過ぎたら、又、重ねにりして長持ちする様にしましょう

   エンドユーザー様も ご検討よろしくお願いします

他資料参考

FRP防水は、優れたFRPの特性を防水分野に応用したもので、防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。

FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。従って出来上がった防水層は、継ぎ目のないシームレスな層となり、優れた防水性能を発揮します。

注文住宅やリフォーム、その他外装工事は山梨県のアルディにお任せください!
建築・設計・企画工房 HARDHI - アルディ -
山梨県富士吉田市大明見2113
TEL : 0555‐22‐6679 FAX : 0555‐22‐6692

2017.07.06 | ブログ 建築

表示モード:スマートフォンスマートフォン | PC