HARDI BLOG

建物の土台となる基礎のレベル

またまたお久しぶりの投稿です

基礎も仕上がり、雨が降った雨水を掻き出さないといけない、意外とこれが大変

又テラスのコンクリートも汚すと、落ちにくいので養生をしておかないと、結構やる事たくさん(T . T)

メインは基礎の天端のレベルが均等かどうかを確認に、いつもレベルを測るのに1人がスケールを立てて1人がメモリを除き2人で見てますが、今回は一人で計測します、結構優れもののアイテム発見、レーザーで360℃レベルをセット、望遠鏡でレーザーを受けて、その望遠鏡を上から覗きこむ事で、正確にメモリが見えるめっちゃ便利、作業も早いし正確、こんなのもっと早く使っておけばよかった

段取り八部だよね

それが下の写真に載ってます

上から覗き込む感じ

360°レーザーレベルをセット

レーザーが上から見えてる0.5ミリ単位で見れるので

土台がをのせる基礎はしっかりとレベル出しておかないとね、昔は、木のパッキンとか、樹脂のスペーサーとか差し込んでレベル出してました、目に見えない箇所、大事な肝になる部位、そんな場所をこまめに私は作業しています笑笑

1人で3.4人前やらないといけないので効率よく簡単に早く、でも大変なんです(T . T)

っていう事で、又楽しみにお家が建ち始めます

ではまた・・・

注文住宅やリフォーム、その他外装工事は山梨県のアルディにお任せください!
建築・設計・企画工房 HARDHI - アルディ -
山梨県富士吉田市大明見2113
TEL : 0555‐22‐6679 FAX : 0555‐22‐6692

2022.12.11 | ブログ 建築

CONTACT
お問い合わせ

お問い合わせはお電話またはメールフォームにて
お気軽にご連絡ください。