お知らせ

器の性能

無暖房で試すモデルハウス

前回の続き、無暖房でそのまま試す

曇りの日、外気温が低いと当然比例して室温も下がる

ロフトの温度10.3度 外気温約マイナス4℃

2階の子供室10.2℃ 外気温約マイナス6℃

外気温の差が2℃、ロフトの外気温がやはり寒いです

室内の温度を外に逃がさない家を建てる

それが今の住宅において必須 

いわゆる外皮計算した結果Ua値 数値が低いほど良い、基礎、壁、天井、屋根それぞれの断熱に熱貫流率がある、熱を通さない、伝えていかない断熱材が良い、それらをどう使うかは設計者、工務店の判断に委ねられる、数値が良いものを使えば必ず暖かくなるとか、寒く無いと思ってると、大間違い、どの部位にどの断熱材をどういう工法でで、正確に丁寧に使うか、作り手によって違う

これこそが経験だろう

経験こそが裏付けされた根拠になる、モデルハウスは外断熱仕様だが、自社の作っている充填断熱は一味も二味も違う、長年の経験に裏付けされた根拠、単純な家を包むだけの家では無い、

いかに無暖房でも、ここまで温度があるのは

外断熱の家の良さを充填断熱に活かして来たことにある

家の柱、構造を含めた躯体全部を断熱して建物全てを丸ごと断熱してしまう工法、なので断熱材の欠損が無く連続生優れているのだ、家の中の熱が外に逃げにくい、

充填断熱も手作業では無く、ブローイングと言って、機械コンプレッサーを使い、圧を掛けながら壁の隙間に溢れ出すくらいのグラスウールが詰まっていく、通常の手作業で入れるグラスウールと断熱性能はとても比較にはならない、尚且つ家の中の湿度が壁に入らない工夫もしっかりしてある、なので気密性もとても高くなる

気密シートを施したグラスウールの充填断熱施工後

なるべく外断熱に近づけた充填断熱だ、

外断熱は当然だか、自社の充填断熱は 夏がとても涼しい、そこがこだわりなんだけど、なかなか分かってもらえないのがとても残念でならない

断熱だけをしっかりしているだけでは夏を涼しくなんて言えないんです

私の考えは、使ったらいけない断熱もあると思う、設計士、工務店それぞれの考えがあると思う、だけど、先に述べてきたように、私は長年大工として家を建ててきた経験がある、その経験があるから、あえて話をするのだが、又そこもわからない人が多い

ちょっと横道にそれたか

暖房をつけていない、24時間換気を回して、外から冷たい空気が家に入って来てるのに、そこそこ温度があるのか

次回はそこをちょっと話してみます

注文住宅やリフォーム、その他外装工事は山梨県のアルディにお任せください!
建築・設計・企画工房 HARDHI - アルディ -
山梨県富士吉田市大明見2113
TEL : 0555‐22‐6679 FAX : 0555‐22‐6692

2023.02.10 | 建築

CONTACT
お問い合わせ

お問い合わせはお電話またはメールフォームにて
お気軽にご連絡ください。